[PR]

 どん底からはい上がってきたドラフト1位右腕が、新たなチャンスをつかんだ。大リーグのドジャースとマイナー契約を結んだ独立リーグ、BCリーグ栃木の北方悠誠(きたがたゆうじょう)投手。日本野球機構(NPB)で1軍登板が一度もなかった25歳。「アメリカンドリーム」の実現へ、まだ小さな夢が膨らんでいる。

 栃木県小山市内で30日にあった入団会見。北方はドジャースのユニホームを身にまとい、照れ笑いを浮かべた。「あきらめずにやっていたら、見てくれる人は見てくれていた」

 佐賀・唐津商3年のとき、夏の甲子園をわかせた。2011年秋のドラフト会議で1位に指名され、横浜を買収したばかりのDeNAに入団した。武器は150キロ台後半の直球。将来を期待されたが、プロに入ると、すぐに制球難に苦しんだ。ストライクが入らない。キャッチボールさえまともにできなくなり、わずか3年で戦力外。15年にソフトバンクと育成契約を結んだが、1軍の舞台に一度も上がれず、1年で再びクビになった。

 20代前半にして2度の戦力外通告。心が折れそうになった。現役引退も頭をよぎる。だが、野球が好きな気持ちは捨てきれなかった。「投げたくない時期もあったけど、もう1回、思い切り腕を振って投げられるという自信が少しあったので」。心配して何度も連絡をくれた両親。「もう一度野球をやっている姿を見せたい」。そんな思いが体を突き動かした。

 16年からは独立リーグのチームを渡り歩く。昨年11月、独立リーグでは4球団目となる栃木へ。栃木は昨季、巨人を戦力外になった村田修一(現巨人コーチ)が在籍し、今季は前阪神の西岡剛がプレーしている球団だ。

 北方が信じたのは真っすぐ。フォームを見直し、全体練習が終わってからも、日々、ブルペンで投げ込んだ。「フォームのバランスが悪かったので、それを良くしていこうと少しずつやってきた」。徐々に制球が安定しだすと、球速も上がり始めた。4月に自己最速の160キロを計測した。

 野球に対する姿勢も評価され、5月4日の試合に訪れたドジャースの国際スカウト部長の目にとまったという。そのわずか4日後に入団の合意にこぎつけた。

 北方はいう。「力対力がメジャー。ストライクゾーンに腕を振って直球を投げたら、どんな反応をするのか楽しみ」。マイナーで結果を残した先に待っているはずのメジャーのマウンド。渡米は6月中旬を予定する。どん底を味わった男が、アメリカンドリームをつかみにいく。(山口裕起)

関連ニュース