[PR]

 強いかゆみを引き起こす「トコジラミ(別名ナンキンムシ)」の被害報告が相次いでいます。海外からの持ち込みが被害拡大の一因という指摘もあり、専門家は、人の往来が激しくなる来年の東京五輪・パラリンピックを前に注意を呼びかけています。

 トコジラミは体長5~8ミリ。生涯に200~500個の卵を産むとされ、繁殖力が強い。人の血を吸うが、吸血しなくても半年以上生きるという。マットレスの縫い目やソファのすき間などにひそんでいる。

 トコジラミに刺されると、アレルギー反応で強いかゆみがでることも。皮膚科を受診し、必要に応じて薬を処方してもらう。

 「すごくかゆい」「どう駆除したらよいか」。東京都福祉保健局によると、2017年度は255件の相談が寄せられた。10年前は100件に満たなかったが、その後増えて近年は300件前後で推移している。

 害虫などの防除業者でつくる日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら