拡大する写真・図版2013年1月、南方週末本社前で「権力乱用を拒否しよう。新聞の自由を守ろう」と書いた横断幕を掲げて抗議する市民たち=広州、小山謙太郎撮影

[PR]

 中国では、新聞やテレビなど伝統メディアだけでなく、ネットメディアに対しても締め付けが強まっている。私は、仕事を愛しながら職を変えざるを得なかった元記者や、今も歯を食いしばって現場に残る記者たちを取材した。4月下旬、朝日新聞の紙面に中国メディアの状況を伝える記事が掲載されると、意外なことが起きた。(文中敬称略)

記事が翻訳されたが

 ジャーナリズムを学ぶ中国の学生が私の記事の一部を中国語に翻訳して、SNSで発表したのだ。「伝統メディアで調査報道を担っていた記者たちはどこにいったのか。この記事は一定の答えになるかもしれない」と紹介されていた。

 当然ながら、政権や党に言及する部分は省略されていたが、冒頭で取り上げた中国青年報を辞めた劉万永の思いはほぼそのまま紹介されていた。

 だが、翻訳された記事もわずか数日で削除された。

 自分の記事が理由も分からない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース