[PR]

 2020年東京五輪の聖火リレーで、千葉県内ルートの概要が1日、公表された。同年7月2日、東京湾アクアラインの「海ほたる」(木更津市)で神奈川県から聖火を引き継ぎ、3日間かけて、九十九里浜や成田市の成田山新勝寺など県内の見どころを巡る。県は今後、聖火ランナーの選定に移る。

 県によると、今回公表されたのは主な通過地点で、詳細な道順は今後示されるという。

 1日目は海ほたるで出発式を行った後、君津大橋(君津市)や岩井海岸(南房総市)など南房総方面に向かう。そこから北上し、サーフィン会場となる釣ケ崎海岸(一宮町)を経て、蓮沼海浜公園(山武市)の駐車場で、聖火到着を祝うイベント「セレブレーション」を開く。

 2日目は銚子ポートタワー(銚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら