[PR]

 人類が初めて月を目指したような、達成が困難にも思える壮大な研究に多額の資金を投じる「ムーンショット型研究開発制度」を、内閣府が今年度から始める。実用化できれば成果は大きいが、そもそも「大当たり」のくじを狙って買うようなことができるのか。大学への交付金を減らしながら、ハイリスクな挑戦に巨費を使う投資のあり方には疑問の声もある。

「他国が成果横取り」に危機感

 「第二の『緑の革命』」「メタボ、生活習慣病と無縁の社会」――。5月23日に内閣府が開いた会議で、「ムーンショット(MS)目標」策定に向けた21件のアイデアが示された。

 MSは、米国のケネディ元大統領が「1960年代のうちに人類を月に着陸させる」と宣言して実現させたことに由来し、ビジネスの世界で流行している用語だ。社会の課題を解決する壮大な目標の達成を狙う。

 背景には「危機感がある」と、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら