[PR]

 シャナハン米国防長官代行は1日、シンガポールで開かれている「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」(英国際戦略研究所主催、朝日新聞社など後援)で講演し、新たなインド太平洋戦略を発表した。南シナ海で軍事拠点化を進める中国を強く牽制(けんせい)。米国が同地域に強く関与する方針を示す一方、関係各国に対して国防費を増額するように求めた。

 シャナハン氏は演説で中国の名指しを避けつつ、「(インド太平洋地域における)重要な各国の国益にとって、長期的に最も大きな脅威は国際法秩序を毀損(きそん)しようとする国々だ」と指摘。これらの威圧的な動きの実例として、係争地域における軍事拠点化を始め、他国への内政干渉や借金漬け外交を挙げた。中国の南シナ海における軍事拠点化や巨大経済圏構想「一帯一路」が念頭にあるとみられる。

 一方、シャナハン氏は中国側が他国と協力関係を構築する重要性を指摘しつつ、「(中国は)他国の主権を侵害したり、自国の意図に対して不信をもたれたりするような行為を終わりにしなければいけない」と強調。また、米国は「自由で開かれたインド太平洋」構想のもと、同地域に多額の国防費を投資している点を指摘した上で「我々は同盟国と友好国に応分の負担の貢献を求める」と述べ、国防費の増額を求めた。

 シャナハン氏は演説後の質疑応…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら