[PR]

 大阪府堺市博物館(堺区)の累計入館者数が1日、300万人に達した。300万人目は名古屋市天白区の会社員、神埜尚之(かんのたかゆき)さん(42)と妻沙織さん(39)、娘の結衣さん(11)、真緒さん(8)、紗羽さん(5)。須藤健一館長から記念品が贈られた。

 結衣さんが小学校の社会の授業で古墳を学び、「実物を見たい」と言ったことから、初めて家族で来たという。結衣さんは「めっちゃびっくりした。(博物館で)古墳の中のことを勉強したい」と話した。

 同館は1980年に開館した。今年5月に百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界遺産登録が勧告されて以降、入館者数が以前の1・5倍程度に増えている。須藤館長は「古墳をはじめ、堺の多様な歴史と文化が学べる場。展示や説明を充実させ、『新しい発見をした』と言ってもらえる博物館にしていきたい」と話した。(加戸靖史)