[PR]

 東芝は1日、米国の液化天然ガス(LNG)事業を仏石油大手トタルに売却すると発表した。2020年3月末までに米国のLNG販売子会社の全株式を譲渡し、売却関連費用を含めて約930億円の損失を20年3月期に計上する見通しだ。巨額の損失リスクを抱える同事業からの撤退を決め、中国企業に売却する予定だったが、売買契約が白紙となり、別の売却先を探していた。

 東芝は13年、米テキサス州の会社からLNGを20年間にわたって調達する契約を結んでLNG事業に参入した。電力会社に火力発電設備を売る際に、LNGをセットで供給するのが目的だったが、LNG価格が下がって採算割れが必至となり、最大1兆円近くの損失が出る可能性があると指摘されていた。

 米原発事業で多額の損失を計上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら