[PR]

 弘前大学は1日、創立70周年記念式典を青森県弘前市内で開催した。あいさつした佐藤敬学長は「最も大きな実績は地域の高等教育の需要に応えてきたことと、多くの人材をこの地域を中心に輩出してきたこと」と70年を総括。「その意義を忘れることなく教育研究活動を続けていく」と誓った。

 県内唯一の国立大学法人である弘前大学は1949年、旧制弘前高校や青森師範学校、青森医学専門学校などが統合され、新制大学として開学した。

 弘前市民会館で開かれた記念式典には関係者ら約360人が出席し、節目の年を祝った。佐藤学長はこの10年間で最も進展したのは地域連携だとし、「地域連携による教育研究の成果を世界レベルにまで高めていくことが高等教育機関としての役割でもある」と強調した。続いて昨年ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大特別教授の記念講演があり、約1100人の聴衆が耳を傾けた。

 一方、文京キャンパスでは式典…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら