[PR]

 トカラ列島・十島村の奇祭として知られる「悪石島のボゼ」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されたことを祝う記念式典が1日、同島であった。ボゼも本来より2カ月以上早く現れ、島民と喜びを分かち合った。

 式典は悪石島小中学校の体育館であり、同島のほか、村のほかの6島の住民や、全国からのツアー客ら計約170人が参加。文化庁の担当者が、「悪石島の盆踊り保存会」の有川和則会長(67)に遺産の認定書を手渡した。

 有川会長は「これまでと変わることなく保存、伝承を続けていきたい」とあいさつ。村の知名度が向上し、定住・交流人口が増えることに期待を寄せた。

 式典に先立ち、赤土と墨を塗り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら