[PR]

山根正子さん(82)

 1983年に単身ネパールに渡り、首都カトマンズの郊外で保健医療ボランティアとして活動を続けている。86年に診療所と保健教育をする施設を設立。現在は、医師や看護師、事務員など約20人のネパール人スタッフが働いている。昨年は日本政府から眼科の検査や手術ができる機材が贈られた。

 現地での活動は、地元の人に寄り添うことだ。かつて村に行ってしたことは、救急箱を学校に持って行き、一つ一つ使い方を教えたことだった。「けがをしても何をしたらよいかわからない。手の洗い方も知らない。教育が大事だと思った」。現在も、医療環境が不十分な村の人たちに、衛生面や食事、薬草の使い方などを教えている。

 2013年には、ネパール政府…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら