【動画】ペットを連れた災害避難を模擬体験=高木文子撮影
[PR]

 災害でペットを連れて避難所へ向かう模擬体験が、岐阜県羽島市の竹鼻南地区であった。地区の調査では3割の世帯がペットを飼い、その半数が「避難所に連れていく」と答えたが、課題も多い。日ごろの備えを知ってもらおうと、5月下旬、防災訓練に取り入れた。

 市内でペットホテルを営む防災士、渡辺英毅さん(47)が企画し、住民や中学生ら約320人が参加した。会場の市立中央中学校は避難所になり、倉庫などでペットを受け入れる予定だ。ただ、逃げる時はえさやペットのトイレ用品などに、飼い主の荷物も加わる。道が液状化してでこぼこになり、ペットが怖がる可能性もあるという。

 「重い荷物を背負ってキャリーを持って、犬を連れて避難するのがどれだけ大変か知ってほしい」と渡辺さん。避難所に行く以外にも、車中泊や親戚、友人の家に行くなど、事前に選択肢を増やしておくのがお勧めだという。

 参加者は8~12キロのリュッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら