[PR]

 「地球内であれば、どこでも」。サッカー元日本代表の本田圭佑(32)が2日、東京都内で報道陣の取材に応じ、夏以降の所属先についてそう語った。昨夏からプレーしたオーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーを1年で退団することが決まっている。

 本田はこの日、契約するスポーツ用品大手ミズノの新スパイク発表イベントに登場。記念写真の撮影などでファンと交流した。終了後、報道陣に対応し、移籍先について「決まるまでは、妄想や理想でしかないが、とにかく強いリーグで」と話した。

 本田は2018年ワールドカップロシア大会後にパチューカ(メキシコ)からメルボルンへ移籍した。オーバーエージ枠で来年の東京五輪出場をめざすと公言し、攻撃的なポジションから守備的MFに移してプレーしてきた。「(守備的MFとして)本当にレベルの高いところでやれるのか確認したい」という。

 Jリーグへの復帰の可能性を問…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら