エサ用の金魚、10年間生き延びる そしてカープ優勝へ

有料記事

笠原雅俊
【動画】エサにされる危機を生き抜いてきた金魚の「カープくん」=笠原雅俊撮影
[PR]

 真っ赤な金魚のカープくんは、数奇な運命をたどってきた。高知市の「わんぱーくこうちアニマルランド」の名物だ。

 約10年前、餌用の金魚として生まれた約200匹の1匹だった。コウノトリやカモなど鳥の餌として池に放たれた。次々と仲間が食べられたが生きた。

 今度はジャガーの池、ここでも生き残った。さらにオオサンショウウオの冷たい水槽の中に10匹の仲間とともに入れられた。次々と食べられ2匹になった。そして1匹が食べられた。だがまた生き残った。

 岩のコケやオオサンショウウオの脱皮した皮を食べ、大きくなり全長25センチになっていた。2016年夏、絶好調のプロ野球広島カープが優勝目前になり、金魚は「カープくん」と名付けられた。25年ぶりの優勝が体の大きさの25センチと同じ数字になったことや体の色も名前の由来になったようだ。

 サンショウウオと一対一とな…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り292文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント