[PR]

 サッカーJ2のツエーゲン金沢は2日、徳島ヴォルティスと金沢市の県西部緑地公園陸上競技場で対戦し、0―0で引き分けた。今季6勝4敗6分け、順位は8位のままだった。

 開始9分、左からのコーナーキックを得た。MF藤村慶太がクロスを入れたが、クリアされるなど、チャンスを生かし切れなかった。後半は7本のシュートを打たれたが、GK白井裕人が好セーブを見せるなど、守備陣が踏ん張った。

 柳下正明監督は「前からボールを奪いに行くというトライを続けてくれて良かった。奪った後のカウンターでもったいない場面があったので、シュートで終われるようにしたい」。広井友信主将は「ピンチを作られた回数など課題は残るが、トライして、監督がやろうと言っていることはグラウンドで表現できた」と振り返った。(堀越理菜)