[PR]

 幅広い年代層が競う第37回広島マスターズ陸上競技選手権大会(広島マスターズ陸上競技連盟主催、朝日新聞広島総局など後援)が2日、広島県尾道市のびんご運動公園陸上競技場であった。県内外から約270人が参加。男女別に5歳区切りのクラスに分かれ、計44種目で競った。

 参加者で最高齢の同県三次市の冨久(とみひさ)正二さん(102)は100メートル走に出場し、会場の拍手を受けながら1分8秒05でゴール。「こけずに完走しようと思い、何とか走りきった。というか歩ききりました」と笑顔を見せた。97歳で陸上競技を始め、100歳の時に60メートル走で16秒98の日本記録を出した冨久さんは「筋肉を鍛えてまた挑戦します。あと3年は頑張りたい」。砲丸投げでは2メートル15を投げ、100歳以上の部で県記録となった。

 練習仲間の三次市の茗荷谷(みょうがだに)ハヤ子さん(85)は優秀選手賞に輝いた。「この1年にずいぶん体力が落ちた」と言いながら、昨年に続いて出場した60メートル走では14秒61と記録を伸ばし、初挑戦という200メートル走では1分2秒55。いずれも県記録だった。

 最優秀選手賞は、60メートル走や100メートル走などで県記録を出した広島市の山崎真侑(まゆ)さん(23)と、5千メートル走などで県記録の府中町の御厨雄大さん(31)の2人が獲得。優秀選手賞には茗荷谷さんをはじめ、風早未來(かぜはやみく)さん(39)=庄原市=▽大小田靖男さん(80)=東広島市=▽向井冨士男さん(85)=廿日市市=の4人、敢闘賞に越水万理さん(38)=三原市▽岩本邦史さん(80)=広島市▽高野兼夫さん(76)=同=の3人が選ばれた。(北村哲朗)