[PR]

 「測量の日」の3日、近代測量が始まって150年になるのを記念し、山梨県庁議事堂東側に設置された「経緯度標」の清掃作業があった。県測量設計業協会のメンバーら12人が参加した。

 経緯度標のある場所は、法律に基づく公共測量の際に基準にできる1級基準点の一つ。東経138度34分10秒4964、北緯35度39分54秒3202、標高274・708メートルと、位置や高さが精密に計測されている。

 明治政府は1869年、国土地理院の前身「民部官庶務司戸籍地図掛(みんぶかんしょむつかさこせきちずかかり)」を設置し、今年で150年になる。また、戦後の1949年6月3日に現在の測量法が制定されてから70年の節目となった。

 測量にドローンが使われるなど…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら