[PR]

 事件に巻き込まれた被害者や遺族を支援するNPO法人「静岡犯罪被害者支援センター」(静岡市葵区)が、ボランティアスタッフの募集を始めた。被害者からの相談や関係機関との調整など重要な役割を担うが、スタッフは年々高齢化。人手不足に悩んでおり、担当者は「一人でも多くの人に活動に加わってほしい」と呼びかけている。

 センターは全国各地にある同法人の中で9番目となる1998年に設立。現在は非常勤も併せて職員5人態勢で運営している。

 犯罪被害者への支援は多岐にわたる。電話や面談での相談では、法律や裁判の流れも説明。県弁護士会と連携して弁護士を紹介するほか、病院や警察署、検察庁への付き添いもする。

 センターは県公安委員会から「…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら