[PR]

 東京電力福島第一原発の事故の影響で、外遊びをしにくくなった福島県の子どもたち。福島の親子を招く「保養キャンプ」を東京都町田市などで続けるグループによる、親子の笑顔いっぱいの写真展が多摩市で開催中だ。被災者の状況を知ってもらい、継続的な寄り添いにつなげたいという。

 おでこをすり合わせてほほえみ合う2人の女の子。顔つきがそっくりな母子の笑顔をとらえた一枚も。保養キャンプに参加した当初は母の半分くらいの身長だった女の子が、今は同じくらいに成長した写真も笑顔だ。

 約60点を集めた写真展「心はいつも子どもたちといっしょ」。昨年3月11日の豊島区での開催から始め、多摩市の恵泉女学園大学80周年記念室での今回が9回目になる。

 2012年の初キャンプから記…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら