[PR]

 静岡県伊東市八幡野でブックカフェを営む舘野茂樹さん(72)が、伊豆のアートの薫りがする場所や店を紹介する小冊子「is」を発行している。伊豆を創作の場にしている人は少なくない。それらの作品を展示するギャラリーや店も多い。そんな身近にある伊豆のアート情報を発信してさらに盛り上げようという狙いだ。

 4月に発行した第3号の巻頭は、同市富戸の大徳寺聚光院伊東別院。日本画家の千住博さんが6年かけて描いた77面のふすま絵がある。著名作家の大作だが、地元でもその存在はあまり知られていない。記事は千住さんのインタビューにした。制作時の心境などを語っている。

 このほかに、木彫りやキルトの工房、5周年記念コンサートを開くイタリアレストラン、絵画のあるカフェなどを取り上げた。ありきたりのガイド本と違うのは、紹介文がエッセー風だったり、店主の一代記だったり、詩だったりすることだ。あくまで読み物にこだわっている。

 冊子の発行を思い立ったきっか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら