[PR]

 川崎市多摩区登戸新町の路上で先月28日、カリタス小の児童や保護者ら20人が殺傷された事件を受け、多摩署と住民、市が街の安全確保に向けて意見交換をする緊急会議が3日、多摩区役所であった。事件が起きたことを忘れないよう、毎月28日を「区子ども見守りの日」(仮称)とし、警官や住民による巡回を強化する日にすることを決めた。

 会議は区と署が共催し、防犯団体や町内会などの計15人が参加。非公開で約1時間実施した。区によると、住民側は事件後の見守り活動強化の状況を報告。署は事件概要や対策を説明し、不審者情報の発信強化も約束したという。

 「見守りの日」制定は署が提案したといい、会議終了後、加藤和男署長は「街全体で見守りの機運を高めたい」と語った。また、荻原圭一区長は「見守り強化に必要な(防犯団体などの会員がそろいで着る)ベスト購入など要望があれば、対応したい」と話した。(斎藤茂洋)

 川崎市多摩区の路上でカリタス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら