[PR]

 2020年東京五輪の聖火リレーについて、千葉県は3日、県内のランナー33人を公募すると発表した。7月から募集を始め、年齢や地域のバランスのほか、県内の自然、産業、歴史文化と自らの関わりなどをまとめた自己PR文をもとに選考する。

 県開催準備課によると、東京五輪の聖火リレーは来年3月に福島県をスタートする。県内では7月2~4日、銚子漁港や成田山新勝寺、競技会場となる釣ケ崎海岸(一宮町)、幕張メッセ(千葉市)などを巡る。

 県内を走る聖火ランナーは約240人。県は3日、2回目の聖火リレー準備委員会を開き、組織委やパートナー企業の選考分を除く66人について、市町村の意見を聞いて決めるランナーを33人、公募を33人と決めた。

 県は公募の要項を6月下旬に県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら