上皇さまに寄り添い続けた上皇后美智子さまの軌跡を紹介する写真展「美智子さまの時代」(朝日新聞社主催)が広島市のそごう広島店で18日まで開催中だ。ご成婚前の若かりし頃や、ご家族とのくつろいだ姿など、約150点を展示。厳島神社や原爆病院を訪れた美智子さまの写真もある。一部は朝日新聞の秘蔵写真だ。撮影や整理にあたった本紙カメラマンが秘話を明かした。

 展示の一つに、1990年11月の即位の礼にともなう祝賀御列の儀のパレード写真がある。車から笑顔を見せる美智子さまの写真が目を引く。1990年ごろ~96年、2006~09年の通算計約10年間、皇室の撮影を担当した松沢竜一氏(55)が撮影した。

 松沢氏によると、実は天皇制に反対する人が路上で爆竹を鳴らし、緊迫した現場だったという。写真には護衛官が無線を使う姿も写っている。それでも、美智子さまは笑顔を崩さなかった。松沢氏は「みんなが美智子さまの笑顔を見に来ていることをわかっていたのかもしれません」と振り返る。

このあとも、美智子さまが広島を訪れたときや、上皇さまとの仲むつまじい写真をご紹介します。朝日新聞社に眠っていた写真を掘り起こしたカメラマンの話も。

 松沢氏は、上皇さまの天皇即位…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら