[PR]

 57歳女性。1年ほど前から就寝中に時々、目を閉じているのに右目に車のヘッドライトのような強い光が見えることがあります。数秒から数十秒続き、痛みはありません。糸くずのようなものが見える「飛蚊症」もあります。原因は何でしょうか。(東京都・H)

写真・図版

【答える人】谷原秀信(たにはら・ひでのぶ)さん・熊本大学病院長(眼科)=熊本市

 Q 原因は何ですか。

 A 実際には存在しない光を感じる「光視症」だと考えられます。光視症はいくつかの原因で起こります。相談者のように強い光を短時間感じるのは、「後部硝子体剝離(はくり)」が原因だとみられます。硝子体は眼球の大部分を占め、コラーゲンやヒアルロン酸でできています。若い時はゲル状で網膜にぴったりくっついていますが、年齢とともに液状化して張りを失って眼球の奥の方の網膜側からはがれてきます。それが、後部硝子体剝離です。

 Q 光はなぜ見えるのですか。

 A 硝子体は後部の網膜からはがれてきますが、前部の網膜とはくっついたままの状態になっています。眼球が動いてそこの部分が引っ張られて網膜が物理的に刺激されると、視神経が錯覚を起こして光を感じます。

 Q 対処法はありますか。

 A 症状をなくす方法はありません。多くの場合は加齢現象で病気ではないので、心配はいりません。ただし、まれに目の中の出血や炎症が原因で起きている場合があります。視力低下や充血など他の症状があれば、眼科で詳しい検査を受けて下さい。

 Q 将来的には?

 A 光視症や飛蚊症は、硝子体が加齢に伴って変化することで起こります。網膜に穴があく「網膜裂孔」や、網膜の下に水がたまる「網膜剝離」のリスクが高まっているといえます。定期的に眼科で検診を受け、飛蚊症の症状が急激に悪化したり、ものがかすんで見えたり、周辺部の視野が黒いカーテンが閉じてきたような症状が起きたりしたら、すぐに眼科を受診してください。

 質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

【メール】  kenko@asahi.comメールする

【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部

【ファクス】 (東京)03・3542・3217

       (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>

https://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/