[PR]

 入学式を迎えてから約2カ月。大きなランドセルを背負ったピカピカの1年生たちは、小学校に慣れ始めてきたころかもしれない。そんななか早くも、来春入学する子ども用の「ランドセル商戦」が本格化しているという。百貨店などではゴールデンウィーク前からとりそろえる。就職活動の「シューカツ」ならぬ、「ラン活」という言葉も広まりつつある。

 奈良県橿原市のランドセルメーカー「鞄(かばん)工房山本」は4月7日に売り出したところ、商品によってはキャンセル待ちが続く。1日70個ほどを手作りするが、「ここ数年、注文が増えて追いつかない状況」(担当者)という。

 ニッセイ基礎研究所の推計では、ランドセルの市場規模は2018年が546億円で、08年の405億円から3割拡大した。ランドセル価格の上昇が理由で、メーカーで構成するランドセル工業会によると、19年のランドセルの平均価格は5万2300円で、09年から5割も値上がりした。さらに同会の調査では、ランドセルの代金を支払うのは、61%が祖父母だった。1世帯あたりの子どもの数が減り、入学する「孫へのプレゼント」として定着してきた。

 少子化で販売減が予想されるな…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら