ラグビー15年W杯活躍の2人落選 監督「苦渋の決断」

有料記事

能田英二
[PR]

 9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を控え、今月9日から宮崎合宿に入る日本代表42選手が決まった。W杯メンバー31人の選考ベースとなる顔ぶれから、2015年W杯イングランド大会で活躍した2人の名が消えていた。

 CTB立川理道(29)=クボタ=とWTB山田章仁(33)=NTTコム=。15年大会で躍動した2人が今秋のW杯に出場する可能性はしぼんでしまった。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は「苦渋の決断だった。他の選手の方がいいパフォーマンスをしてきた」。

 立川は前回のW杯で、南アフ…

この記事は有料記事です。残り904文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!