[PR]

 日本と韓国の管理職・専門職の男性は、欧州と比べて死亡率が高い傾向があるとの分析結果を、東京大やオランダのエラスムス大などの研究チームが発表した。日韓では、不況期に死亡率が高まる傾向がみられた。

 研究チームは、日韓のほか、英国やスイスなど欧州8カ国の計10カ国の、1990~2015年の35~64歳の男性の死亡率と職業の関係を分析した。

 日本はバブル景気崩壊後の90年代後半、韓国はリーマン・ショック後の00年代後半に、それまで最も低かった管理職・専門職の死亡率が高まり、事務・サービス職などの死亡率と逆転。死因はがんと自殺の上昇が目立った。工場や建設、運送業などで働く労働者の死亡率は欧州に比べて、日韓は低かった。

 一方、欧州は90年代後半から00年代後半に、特定の職業の死亡率が高まることはなかった。管理職・専門職の死亡率が最も低く、事務・サービス職などの死亡率が高いという傾向に変化はなかった。

 小林廉毅・東京大教授は「日本…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら