[PR]

 サッカー日本代表にワールドカップ(W杯)3大会連続出場中のベテラン2人が復帰した。GK川島永嗣(36)とFW岡崎慎司(33)だ。昨年のW杯ロシア大会以来、約1年ぶりに代表に選出された2人。5日と9日の国際親善試合と、14日開幕の南米選手権(ブラジル)は、世代交代が進むチームの中で生き残りをかけたチャンスとなる。

 W杯後は2人とも所属チームで出番を失っていた。ストラスブールの川島は今季、フランスリーグでの出場は1試合のみだった。レスターに所属した岡崎も、イングランド・プレミアリーグでの先発は1試合にとどまった。無得点でシーズンを終え、クラブを退団することが決まった。

 「代表に呼ばれるとは思っていなかった」と口をそろえる2人について、森保一監督は「プレーの面で貢献することがまず第一だが、彼らの経験を若い選手に還元してほしいと思っている」と期待を話した。

 今回は最年少の18歳、久保建…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら