【動画】有人運転で再開したシーサイドライン=遠藤啓生撮影
[PR]

 逆走事故で運休していた新交通システム「シーサイドライン」が4日午前11時、運転を再開した。

 横浜市金沢区の並木中央駅からは11時ちょうどに金沢八景行きの始発列車が出発し、その7分後、反対方向の新杉田行きの列車が出発した。この列車に、記者が同乗した。

 乗客の一人で、金沢区に住む坂根靖子さん(79)は事故後、たびたび並木中央駅に出向き、運転が再開されていないかを確かめていたという。この日、友人から再開の知らせを聞き、駆けつけた。「心待ちにしていたので本当にうれしい」

 並木中央駅から新杉田駅までの乗客は延べ20人ほど。並木中央駅から乗った佐藤トモ子さん(83)は、安全への不安が残る。「創業のときから使っているが、こんな事故は初めて。再開と聞いてどうしようか迷ったけれど、信じて乗ることにしました」

 運転は2人態勢。運転士が手動で列車を運転し、隣に立った添乗指導員が一緒に指さし確認をしていた。列車はトラブルもなく新杉田駅に到着し、次の乗客を乗せた。(土屋香乃子)