[PR]

 「令和」への改元に伴い、今年の入試では早くも「平成史」などを出題する中学、高校が目立った。進学塾では、来年の中学入試や高校入試でも、「天皇」や「上皇」、「元号」などが歴史的な出来事とからめて必須の出題になりそうだ、と予測する。

塾模試にも「御用邸」「陵墓」

 4月末、小学5年生を対象にした全国公開模試の社会科で、皇室関連施設に関する問題が、出題された。

 皇居や御用邸、陵墓などが示された地図を見て地名を答えたり、皇居と京都御所付近の地形図を比べて特色を記述させたり。御料牧場付近の地形の断面図としてふさわしいものを選ばせる出題もあった。出題した大手進学塾・日能研教務部(横浜市)の社会科担当者は「小4で習った地図の読み取りの力を試す出題に、タイムリーな皇室関連施設をからめた」と説明する。

 平成に変わった時や現天皇陛下のご成婚時などは、中学入試の出題への影響は大きくなかったが、上皇さまが退位を表明した後から「退位」「皇室典範」などの出題は目立ってきているという。「来年も、令和になったという前置きで、元号や歴代天皇にからんで様々な角度から歴史の知識を問う問題が出るだろう」と予測する。

 今回の改元はトピックが多い。

 天皇の退位は、江戸時代の光格…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら