[PR]

 訪日外国人客が足を運んで高評価を下した日本の観光地は? 東京海上日動火災保険は、訪日客がツイッターなどでつぶやいた声を分析し、人気の観光地をまとめた。つぶやきの数だけでなく、どれだけその場所を気に入ったかの「ポジティブ度」も調べてみると、日本人にも定番のあの名所に加え、外国人ならではの意外な場所も。果たしてその場所は――。

 東京海上日動が、2017年秋から1年間のツイッターや微博(ウェイボー)など英語、中国語、韓国語のつぶやき約170万件を分析した。投稿のうち好意的な内容を「ポジティブ度」として点数化。話題量とともに調べた。

 つぶやきの数が圧倒的に多かったのは、伏見稲荷大社(京都府)。つぶやきの数、ポジティブ度がともに中央値より高かったのは、金閣寺(同)、浅草寺(東京都)、広島平和記念資料館(広島県)など。

 つぶやきの数は少なかったものの、ポジティブ度が高かったのは、宮島(広島県)や兼六園(石川県)、姫路城(兵庫県)といった日本人にもおなじみのスポットのほか、サムライミュージアム(東京都)なども。

 つぶやきが多かったが、ポジティブ度は低かったのは、東京タワー、大阪城、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府)など。テーマパークや展望台などはポジティブ度が低い傾向だったという。

 都道府県別に、「話題量が多いスポット」と「ポジティブ度が高いスポット」もまとめた。

 たとえば北海道では小樽運河の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら