[PR]

 キャッシュカードを受け取りに行きます――。銀行員だという電話口の男が、丁寧な口調でそう言った。4月、そんな特殊詐欺の被害に遭った新潟市の80代女性が朝日新聞などの取材に応じ、手口の詳細を語った。

 4月4日午後2時過ぎ。自宅で一人で過ごしていたという女性は、電話の音に気づいて受話器を取った。男の声が県内の大手銀行の名をあげ、「リョウセイ課のものです」。標準語でそう名乗った。

 「はがきが届いていませんでしたか? 連絡がなかったのでこちらから電話しました」。送ったというはがきには2万568円のお金が振り込まれる旨が記載されており、手続きのためには、銀行の口座番号と暗証番号が必要だ。男はそんな説明をした。

 この時女性は、少し前にはがき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら