【動画】徒歩で列島縦断する報道写真家の石川文洋さんが普天間周辺を歩く=堀英治撮影
[PR]

 ベトナム戦争の従軍取材などで知られる報道写真家、石川文洋さん(81)が徒歩で日本縦断の旅を続けている。昨年7月に北海道・宗谷岬をスタートし、東日本大震災や西日本豪雨の被災地などを巡り、写真を撮ってきた。

 先月末、故郷の沖縄県に入った。3日は宜野湾市の米軍普天間飛行場周辺を歩き、4日は2004年に同基地のヘリが墜落した沖縄国際大学から基地を望んだ。「住宅密集地の中に基地がある。こんな危険な所は日本中にありません」と話す。沖縄の現状、平和の願いを本土に伝えたいと歩く。

 石川さんの日本縦断は2度目。前回は03年。65歳の挑戦として日本海側を約3300キロ歩いた。今回のルートは太平洋側約3500キロ。

 昨年12月には、旅を中断して代替基地建設現場の辺野古に向かった。国が、県民の反対の声を無視して土砂投入したことに怒りを感じた。抗議活動、土砂投入も写真取材した。

 約10キロのリュックを背負い、デジタルカメラ2台を首に下げる。暑い日差しの下、「基地のない沖縄を」とプリントされたTシャツを着て1日約15キロを歩く。所々で足を止め、感動した光景にシャッターを切る。6日からは摩文仁、ひめゆりの塔など南部戦跡を歩く。ゴールの那覇市には、8日に到着する予定だ。(堀英治)