[PR]

 4日午後3時55分、京都市山科区の名神高速上り線で、トラック2台と乗用車と軽乗用車の計4台が絡む多重事故があった。

 京都府警高速道路交通警察隊によると、走行車線を走っていたトラックが渋滞で止まったところ、別のトラックが追突。追突されたトラックがはずみで、前方の乗用車と軽乗用車にぶつかった。横転したトラックの運転手を含む男性2人が病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 この事故で、名神高速は京都市内の京都南(伏見区)―京都東(山科区)のインターチェンジ間の上り線で通行止めが続いている。