[PR]

 ワインを飲むお年寄りは飲まない人に比べて認知機能が高い可能性があるという研究結果を大阪大学の樺山舞助教(地域看護学)らがまとめた。6日に仙台市で始まった日本老年医学会の学術集会で発表する。

 2016~17年、東京と兵庫に住む76歳前後と86歳前後のお年寄り計1217人を対象に、飲酒習慣と認知機能などを調べた。

 67人がワインを飲み、1150人は飲んでいなかった。記憶力や注意力をみる検査で認知機能を評価すると、ワインを飲む人の認知機能は有意に高かった。一方、ビールや日本酒などワイン以外の6種の酒では、認知機能に有意差はみられなかった。

 これまでの別の研究で、ワインを飲むと認知機能の低下を防ぐ効果が報告されている。赤ワインに含まれるポリフェノールなどによる抗酸化作用が理由に考えられるという。

 同大学院の共同研究者、赤木優也さんは「ワインを好む人は健康志向が強いという影響も考えられる。ワインに認知症の予防効果があるとわかったわけではなく、さらなる研究が必要。過度な飲酒は認知機能に悪影響なので量はほどほどに」と話す。

 飲酒と認知機能の関係は世界中…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら