ネットフリックスがゲーム事業参入 第1弾はSFホラー

有料会員記事ゲームの未来

ロサンゼルス=久保田侑暉
[PR]

 動画配信大手の米ネットフリックスは12日(日本時間13日)、ゲーム事業に参入すると発表した。人気のオリジナル動画をもとにしたゲームを、来月にもリリースする。米グーグルやアップルなどのIT大手もゲーム事業に相次いで参入している。

 13日(同14日)まで開かれている世界最大級のゲーム見本市「E3」のイベントに、ネットフリックスのゲーム部門の幹部らが登壇して明らかにした。

 ゲームメーカーと制作するのは、人気のSFホラー動画「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。登場人物を操作して動画に出てくる街を歩いたり、敵と戦ったりする。この動画の最新シリーズを7月に公開するのに合わせて、ゲームとしても楽しめるようにする。年内にはさらに、ファンタジー動画「ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス」のゲーム版も開発。両方とも、ゲーム専用機のほか、スマートフォンやパソコンなどにダウンロードして楽しむことができるという。

 ネットフリックスは世界で会…

この記事は有料会員記事です。残り625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

ゲームの未来、どこへ eスポーツ・猛者たちに世界が熱狂

ゲームの未来、どこへ eスポーツ・猛者たちに世界が熱狂

eスポーツに熱狂、新たな参入も。ゲームの未来はどこへ向かうのか。[記事一覧へ]