[PR]

 かつて甲府盆地を中心に流行し、山梨県内で「地方病」として恐れられた日本住血吸虫病。「地方病100年戦争」と言われた県民と病との闘いの歴史を、甲斐市の詩人・橘田活子さん(76)が叙事詩とし描き上げ、「茶碗(ちゃわん)の欠片(かけら) 杉山なか女と地方病(日本住血吸虫病)」(百年書房)と題して出版した。

日本住血吸虫症とは
「日本住血吸虫」という寄生虫が、人の皮膚から体内に侵入して感染する病気。体長約1センチの成虫が、肝臓内などに寄生して毎日数千個を産卵する。卵が血管を詰まらせて肝機能障害や意識障害をもたらし、最悪の場合は死亡に至る。

 日本では撲滅できたが、世界では今も住血吸虫が生息する地域がある。県内で当時の記憶の風化が進む中、地方病と戦った県民の誇りを後世に語り継ぎたいとの思いが、橘田さんを突き動かした。

 文献や資料、親族らへの取材を基に、本では、戦国時代から1996年に県が終息を宣言するまでの歴史をつづる。

 サブタイトルになっている杉山なかは、病にかかった清田村(現・甲府市)の農家の女性。自分の命はもう長くないと覚悟し、医師に遺書「死体解剖御願い」をしたためる。自らの体を解剖して、病気の原因を見つけ、地方病に苦しむ多くの人を助けてほしい、との内容だった。

 6日後になかは亡くなった。解…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら