[PR]

 山口県下関市の土井ケ浜遺跡(国史跡)で66年前、弥生時代の女性人骨とともに出土した鳥のウとみられる骨が、フクロウの仲間の骨だったことが、北海道大総合博物館の江田真毅(まさき)・准教授(動物考古学)らの研究でわかった。弥生時代、鳥は信仰の対象だったため、女性を霊的な力を持つシャーマン(巫女(みこ))とみる説が提唱され、「鵜(う)を抱く女」として文学や音楽の題材にもなってきたが、そのイメージが変わりそうだ。

 土井ケ浜遺跡は海岸の砂浜につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら