[PR]

 環境省は4日、長崎県・対馬で昨年12月に行った生息調査の結果、ユーラシアカワウソのふんを見つけた、と発表した。DNA分析でこれまでに確認されていない個体(メス)のものと判明した。専門家の分析で、韓国南東部に生息するユーラシアカワウソの特徴と一致した。

 これまで見つかった3個体とあわせて、いずれも韓国にゆかりを持つユーラシアカワウソ4個体の生息が、対馬で確認されたことになる。

 対馬では2017年、国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった。環境省が委託した専門家らによる、ふんのDNA分析から、オス2個体、メス1個体の生息を確認していた。

 環境省は、捕獲や、生息地への立ち入りなどをしないように呼びかけている。(松尾一郎)