松本人志と太田光、社会に向けて2人が紡いだ言葉の違い

有料会員記事

河村能宏
[PR]

記者レビュー

 「人間が生まれてくる中で、どうしても不良品というのは何万個に1個、絶対に、これはしょうがないと思う(中略)こういう人たちはいますから、絶対数。その人たち同士でやり合ってほしい」。2日放送のフジ系のバラエティー番組「ワイドナショー」が、川崎市の殺傷事件を取り上げた際、松本人志は容疑者についてこうコメントした。

 人間を商品にたとえる言葉遣…

この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら