[PR]

 テニスの4大大会第2戦、全仏オープン第10日は4日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝で第7シードの錦織圭(日清食品)は、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)に、1―6、1―6、3―6で敗れた。1933年の佐藤次郎以来、日本男子86年ぶりの準決勝進出はならなかった。

 体が重く、一歩目の反応が遅い。コンマ数秒の間が攻守に響いた。普段の体勢でショットが打てない。守備範囲は狭まり、普段ならさばけているだろう打球に飛びついていた。

 対照的にナダルは軽快なフットワークを見せた。大きく跳ねるボール、低く速い球種などを混ぜ、厳しいコースを突いてくる。錦織は返すのがやっと。ほぼ何もさせてもらえずに第1セットを落とし、第2セットは自身のサービスゲームを1度も守れなかった。

 見るのも酷な状態だった。4回…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら