[PR]

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は4日、空気を入れる必要がなくパンクもしない「エアレスタイヤ」を、仏タイヤ大手ミシュランと共同開発したと発表した。実地でのテスト走行を年内に始め、早ければ2024年にもGMの乗用車に装着させることをめざす。

 通常のタイヤは内部の空洞を高圧の空気で膨らませる構造になっているが、エアレスタイヤは弾力性のあるゴムや樹脂でできた無数のスポークがホイールをぐるりと囲み、車両の重さを支えて衝撃を吸収する。

 パンクの心配がなくなり安全性が高まるほか、空気圧調整などメンテナンスの手間も減る。パンクに備えた予備タイヤが不要になり、車の軽量化や資源の節約にもなる。

 乗り心地や強度、コストなどの課題があり、これまでは一部の産業向け車両にしか使われていなかった。トーヨータイヤやブリヂストンなどほかのタイヤメーカーもエアレス技術の開発を進めている。(ニューヨーク=江渕崇)