[PR]

 長崎県平戸市田平町の大型ハウスでレタスが育つ。水耕栽培システムで温度や湿度、養分を管理して通年で生産する、工場のようなレタス農場だ。誘致した平戸市は「今までにない形の農業」と、今後の発展に期待を高めている。

 平戸市の九州本土側に位置する田平町田代免の畑地に、太陽光利用型水耕栽培の3連棟大型ビニールハウス(約2300平方メートル)が立つ。

 温度や湿度が管理されたハウス内で、整然と配置された栽培槽を、液肥を溶かした養液が循環する。レタスはこの養液の中に根を伸ばして成長する。種をまいて、冬なら約50日、夏なら約40日で、出荷サイズになる。

 栽培槽は腰ほどの高さがあり、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら