[PR]

 首脳人事をめぐる混乱が続くLIXIL(リクシル)グループが25日の定時株主総会に提案する社外取締役候補6人が5日、記者会見した。当面はこの6人の中から暫定のCEO(最高経営責任者)を置く方針を説明した。

 会見したのは、コニカミノルタ取締役会議長の松崎正年氏、元ミネベアミツミ専務の内堀民雄氏、元JVCケンウッド会長兼社長兼CEOの河原春郎氏、元関東財務局長の竹内洋氏、ベネッセホールディングス副会長の福原賢一氏、元リコー社長兼CEOの三浦善司氏の6人。取締役会議長候補でもある松崎氏は「名の通った企業での混乱を早く収束させ、本来のポテンシャルを取り戻すことが我々共通の思いだ」と語った。

 暫定CEOを置く期間は3カ月から6カ月程度とし、その間に正式なCEOを選ぶという。現在の取締役は暫定CEO候補から除外し、山梨広一社長兼COO(最高執行経営者)も対象外とした。松崎氏は「上場企業の経営トップを経験した人でないとだめだと思う」と語った。

 前CEOの瀬戸欣哉(きんや)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら