[PR]

 青森県教育委員会は5日、県立高校再編をめぐり、青森北高校今別校舎、中里高校、田子高校の3校について来年度の募集停止を視野に地元市町村と協議を進めていることを明らかにした。3校は閉校で他校への通学が困難な地域が生じる「地域校」。ただ、存続の条件となる募集人員に対する入学者数の割合が2年連続で半分未満となっていた。

 県教委によると、3校は2018、19年度と入学者数が募集人数の半分未満に落ち込み、田子高の今年度の入学者数は9人にとどまった。県は10月の教育委員会で方針を決定する予定。

 一方、統合が決まっていた黒石高校と黒石商業高校について同日の教育委員会で、統合校名を「黒石高校」とする案などを決定した。名称案や統合校設置についての条例改正案を6月県議会に提出し、議決を経て正式に決定する。

 両校の統合については、新元号…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら