[PR]

 大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された人気アイドルグループ「カトゥーン」元メンバーで会社経営の田口淳之介容疑者(33)=東京都世田谷区=が関東信越厚生局麻薬取締部の調べに「約10年前から大麻を使用していた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。田口容疑者は2001年から16年までグループメンバーで、現役時代から使用を繰り返していたことになる。

 東京地検は5日、田口容疑者と、ともに逮捕された元俳優で会社経営の小嶺麗奈容疑者(38)=同=の2人を同罪で起訴し、発表した。地検によると、2人は5月22日、自宅で乾燥大麻約2・3グラムを所持したとされる。

 捜査関係者によると、自宅から見つかった乾燥大麻はいずれも、幻覚成分の濃度が葉より大幅に高い「バッズ」だった。麻薬取締部は、たばこの葉を細かく刻む「グラインダー」と呼ばれる器具や巻紙、吸い殻も押収。グラインダーに大麻の付着を確認しており、田口容疑者らが大麻を刻んでたばこ状にし、使用していたとみている。