[PR]

 御嶽山(3067メートル)の中腹にある木曽町の「御岳ロープウェイ」鹿ノ瀬駅で、ふもとの町立三岳小学校の児童32人らが花壇にベゴニアの花を植える作業を5日に行った。

 同校では例年、この時期に駅の花壇に花を植える作業を続けてきた。死者・行方不明者63人を出した噴火災害翌年の2015年は中止したものの、翌16年に再開。この日は、「御岳ロープウェイ」を運営するアスモグループが約600のベゴニアの鉢を用意し、子どもたちが植えていった。

 児童らは地元の御嶽山の歴史や文化などを学び、今年も9月に登山が計画されている。全校児童33人のうち25人は、御嶽山の防災などを学び火山啓発などを担う「御嶽山ジュニアマイスター」の認定を受けている。

 6年の久保咲永美さん(11)…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら