[PR]

 昨年7月の西日本豪雨で被災した愛媛県今治市大三島の温泉施設「多々羅温泉しまなみの湯」について、市は復旧を断念し、廃止する方針を決めた。7日開会の定例市議会に廃止条例案を提出し、可決されれば7月1日付で廃止される。

 多々羅温泉は旧上浦町が総事業費約2億2千万円をかけて建設し、1995年に開業した。地下千メートルからくみ上げた冷鉱泉を加温して使用。近年は住民や県内外からのサイクリストら年間4万~5万人が利用していた。

 しかし昨年7月6日、隣接する川で土石流が発生し、土砂が建物内まで流入。源泉のタンクやボイラーなど中核的設備が被害を受け、建物も傾いた。

 指定管理者のNPO法人「輝け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら