[PR]

 奈良県大淀町の光明寺住職でシンガー・ソングライターの三浦明利(あかり)さん(36)のトークとコンサートが5日、桜井市の市民会館で、桜井高校の全校生徒約940人に向けてあった。同校が毎年開催している人権文化鑑賞講演会で、今年は「一瞬一瞬を大切に生きよう」をテーマに命の大切さなどを学んだ。

 三浦さんは、パーカッショニストの池田安友子(あゆこ)さんとともに「仏教伝来」「ありがとう~私を包むすべてに~」など11曲を披露。三浦さんが「春」と歌えば、池田さんが打楽器で鳥のさえずりのような音を奏で、会場全体が聴き入った。

 演奏に続く講演で、三浦さんは初期仏典「スッタニパータ」の一節に「人は口にオノをもって生まれてくる」とあると紹介。「意識していなくとも誰かを傷つけてしまうことがある。だから相手に想像力を働かせて、優しい言葉で接してください」と語った。

 最後は、生徒から募集した詩を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら