[PR]

廃虚探訪in茨城<第1回>

 各地に残された「廃虚」には、様々な記憶が封じ込まれています。茨城県筑西市にある元ストリップ劇場は、20年以上前に火災に見舞われ中は真っ黒という、想像するだけでぞっとする場所です。そこで見たのは、昭和のバブルの残像と、全国で問題化している所有者がわからない空き家の現実でした。

本当にこんな場所に?

拡大する写真・図版1995年に火災で全焼した元ストリップ劇場の「明野劇場」=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

 水戸市から車で約1時間。県西地域に位置する筑西市は農業が盛んで、小玉スイカや梨が特産です。目指す「明野劇場」は、市の中心部から8キロほど離れたところにあります。車から見える景色は田畑に変わり、本当にこんな場所にストリップ劇場があったのか、と疑問も湧いてきます。

 目的地の近くに車を止めて外に出てみると、目に映ったのは空を舞うカラスの大群。劇場に続く小道の脇には杉林がうっそうと茂り、不気味さを増長させます。この日はあいにくの曇り空で肌寒く、足取りはさらに重くなりました。

 明野劇場をインターネットで検索してみると、夜に中に入って「肝試し」する人も多いようで、劇場内部の写真とともに心霊スポットとして紹介されています。

 今回は、事前に会社が登録しているネットサービスで登記情報を取得し、土地の所有者に連絡を取り、取材の了解を取りました。県内に住む所有者の男性によると、劇場側に土地を貸したのは男性の父親で、男性も詳細は知らないとのこと。もう何年も足を運んでいないが、「ゴミを勝手に捨てる人がいて困っている」と話していました。

拡大する写真・図版劇場近くに掲げられた「ごみ捨て禁止」の看板=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

「これほんと無理です!」

 実際に劇場を見て、男性が言っていた意味が分かりました。

茨城の廃虚を巡るシリーズの第1回です。全3回。ここから記者が内部に入っていきます。最後には中の動画も。

 劇場の前に、大量のゴミが散乱していたからです。そしてゴミからは強烈な異臭が……。念のためにマスクを着けていましたが、それも意味をなさないほどの臭いです。付き添いをお願いした後輩記者は「これほんと無理です!」と言い放ち、すぐさま車に戻っていきました。ゴミをよく見てみると、旧型テレビや冷蔵庫といった粗大ゴミ、イカの塩辛や生卵などの生ゴミがありました。これがカラスを引き寄せている原因のようです。

拡大する写真・図版劇場前には大量のゴミが不法投棄され、悪臭を放っていた=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

悲鳴をあげながら進む

 このゴミの山を通らないことには目的地に着けない。ストッキングにパンプスの足元を恨みながら、できるだけ生ゴミを踏まないよう慎重に歩いていきます。

 マスクを着けて戻ってきた後輩と悲鳴を上げながらも突き進み、やっとのことで建物の前までたどり着きました。

拡大する写真・図版劇場前には、生ゴミやペットボトル、旧型テレビが捨てられていた=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

うっすらと「明野劇場」

 木々がうっそうと茂る中にぽつんと立つ木造鉄骨造りの建物には、うっすらと「明野劇場」の文字が見えます。入り口の左手には小窓があり、客がチケットを買う場所だったのかもしれません。中に入ると、壁の一部が崩れていたり、天井や壁の至るところが黒くこげていたりして、火災の跡が見えます。

拡大する写真・図版劇場内は椅子が散乱し、丸いお立ち台が焼けずに残っていた=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

当時の新聞記事

 この火災について報じる記事が朝日新聞のデータベースに残っていました。1995年1月23日付の朝刊に掲載されたものです。

 「22日午後3時10分ごろ、真壁郡明野町(現在の筑西市)新井新田の「明野劇場」から出火し、木造鉄骨一部2階建ての同劇場約370平方メートルが全焼した。真壁署によると、劇場は昨年6月から休館していた。近所の人が2階付近から煙が出ているのに気付いて119番通報したという」

拡大する写真・図版劇場内の床に落ちていた1993年11月25日付の新聞=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

当時のままの照明機器

 全焼しながらも燃えずに残っているのが、ストリッパーが踊ったとみられるお立ち台です。見たところ木製で、お立ち台の真ん中が左右に回る仕組みのようです。その奥にも舞台があったようですが、崩れていて元の姿は想像するしかありません。出火元とみられる2階は照明部屋だったようです。お立ち台を見下ろすように大きな窓があり、窓の前には革張りの椅子と照明機械が当時のまま残っていました。

拡大する写真・図版ストリッパーたちが踊ったとみられるお立ち台。左右に回る仕組みのようだ=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

近くの男性を訪ねる

 「当時の写真を見てみたいですね」と後輩記者。たしかに昔はどんな風だったのか気になります。近くにあるJAの集出荷所を訪ねると、そこにいた農家の男性(64)が、当時のことを話してくれました。

拡大する写真・図版トイレの壁も焼けた跡が残る=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

大型バスが出るほど盛況

 30年以上前の昭和のバブル期、明野劇場はマイクロバスに乗って遠方から多くの客が来るほどの盛況だったようです。有名女優の愛染恭子さんが出演したときは、近くに大型バスが何台も止まっていたとか。男性も飲み会の帰りに2度ほど行ったそうです。

 入り口の小窓でチケットを買って入場。男性の記憶では「料金は3千円くらい。1ステージ1時間半くらいだったかな」。ステージを囲むように椅子が並んでいて、100人くらいは入れたようです。「きらびやかって感じでもなかったけど、田舎にストリップ劇場なんてめずらしいからね。結構有名だったよ」

拡大する写真・図版入り口脇にある小窓は、チケット購入口だったという=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

建物の登記を調べる

 ただ、バブルの崩壊とともに客足も減り、警察による取り締まりも何度もあったそうで、94年ごろには廃業していたそうです。男性は「廃虚が残って、地主さんが一番困ってるんじゃない」と話しました。

 さて、地主の男性は「建物の所有者は不明」と言っていましたが、建物の登記を調べてみると、所有者が千葉県の男性と分かりました。取材を進めて分かったことは、男性が2年前に亡くなっていること。そして家族は男性がその建物を所有していた事実を知らなかったということです。

拡大する写真・図版2階の照明席から見た劇場全体の様子=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

どうして所有?

 男性の親族によると、男性は昭和50年ごろまで都内で複数のストリップ劇場を経営していましたが、その後は不動産・建築業に転向。男性は茨城と縁がなく、親族は「どうして明野劇場を所有していたのか分からない」と話していました。

拡大する写真・図版劇場2階の小部屋には、照明担当が座っていたとみられる椅子と機械が残っていた=2019年4月8日、茨城県筑西市新井新田

空き家は急増

 総務省の調査によると、全国の空き家の数は過去最高で、少子高齢化に伴い、急増しています。明野劇場のように、所有者が亡くなったことで、廃虚のまま放置されている建物は多いのかもしれません。(益田暢子)

【動画】20年以上廃墟となっている元ストリップ劇場「明野劇場」=益田暢子撮影